消費者金融で専業主婦はキャッシングできない

専業主婦は現在ほとんどの消費者金融業者でキャッシングを利用することはできません。その背景にあるのは総量規制という法律です。総量規制とは、消費者金融などでキャッシングを利用するための総額を決めた法律のことであり、ここでは

 

キャッシングが利用できる金額は年収の3分の1までと規定


されています。ですのでどこの消費者金融でも収入のない専業主婦の申込を断っているのです。しかし、総量規制の対象外である銀行のカードローンでは、

 

配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申込可能でしたが、現在では金融庁から規制の対象となり、収入のない専業主婦は申込めなくなっています。


ですので専業主婦自身の申し込みで、旦那さんに内緒で申込むということは現在ではできません

 

本当に専業主婦がキャッシングを必要とする場合は、収入のある旦那さんに頼んでキャッシングに申し込み借りてもらうしかありません。


パートなどで安定収入があれば消費者金融でもキャッシング可能!

しかし主婦といっても、パートをしている主婦であれば話は変わってきます

 

主婦でもパートなどで安定収入があれば自身の与信でキャッシング可能


ですので配偶者に頼らなくて済みます。しかし、収入が低い事には変わりないので審査をしっかりしてくれて、無利息サービスのあるプロミス・アコムに申込むのがベストです。審査に通らなければ借りることはできませんのでメガバンク保証会社も行っているプロミス・アコムなら安心できるでしょう。

パートなどで安定収入がある主婦のキャッシングならプロミス・アコム

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

専業主婦が消費者金融でキャッシングできない場合どうするの?

仕事をしていない専業主婦の場合年収そのものが0円のためキャッシングが利用できないということなのですが、消費者金融業者からキャッシングができないというのはそれだけではないようです。

というのは、消費者金融からキャッシングを利用する場合、総量規制には例外というものが設けられており、たとえばおまとめローンなどのように既存の借入の返済を有利に進めるための借入であれば総量規制で決められた範囲を超えて融資を受けることができます。同様に、

 

総量規制の例外として設けられているのが「配偶者貸付」という仕組みです。


たとえば銀行の専業主婦のカードローンであれば配偶者に年収があれば仕事をしていない専業主婦であっても融資を受けることが可能となっていますが、基本的にはそれと同じ仕組みといえます。

この仕組みではキャッシングを契約する本人に年収がなくとも配偶者に年収があれば消費者金融でも利用が可能なのですが、そのためには配偶者との婚姻関係を証明する書類や収入証明などを提出しなければなりません。

消費者金融といえば必要な書類は原則として本人の身分証明書だけで利用できるという手軽さがひとつの特徴となっています。しかし、専業主婦の人が消費者金融で配偶者貸付を利用してキャッシングを受ける場合には決して手軽にできる手続きではありません。ですが消費者金融では専業主婦を断っている所が大半ですが、安定収入があるのであればプロミス主婦申し込みが可能になっています。

審査を行う消費者金融側としても書類の確認などでコストや時間がかかることになりますので、こうした理由から専業主婦の対応は最初から不可と設定しているというわけです。「手軽に利用できる」というのは利用者だけでなく消費者金融にとっても重要なポイントとなっているようですね。

 

かといって、現在では銀行カードローンでも申込む事は不可能ですから、旦那さんの与信で旦那さん自身で申込んでもらう他はありません。


収入がない専業主婦の人がキャッシングを利用する場合はいくらまでなら借りることはできますか?

本人に収入がない専業主婦にとって、キャッシングを利用する場合いくらぐらいまでなら融資を受けることができるのでしょうか。たとえば似たパターンとして、学生の場合について考えてみるとアルバイトなどで収入を得ている学生では

 

消費者金融のキャッシングでは最大で1社あたり10万円前後


となっている場合が多いようです。もっとも、これはあくまでも「安定した収入を得ている学生」の場合であり、専業主婦の場合は「安定した収入」すらもないわけですから、消費者金融からキャッシングを利用することは難しいのが現状です。

そこで実際に専業主婦がキャッシングを利用するための方法となると、配偶者貸付を行っている消費者金融を利用するか、あるいは銀行カードローンに申し込むといった選択肢になるのですが、そういったところを利用した場合ではどの程度の金額を申し込むことができたのですが、実際の融資可能な金額については編集部の調査ではその頃では、

 

やはり10万円前後となる場合が最も多い傾向にありました。


本人に収入がない専業主婦の場合、キャッシングのサービスを提供する側からしても「貸し倒れ」になってしまう可能性がありますので、あまり高額の融資は行っていなかったのが現状のようです。

 

ただ何度もお伝えしていますが、現在では収入のない専業主婦は、銀行カードローンでも申し込み不可能です。


専業主婦の人がキャッシングを利用することができたとしても、借りられる金額としては10万円前後、多くても30万円がひとつの上限でした。なお、この「30万円」という金額については1社あたりで融資を受けることができる上限金額というわけではなく、複数から融資を受けたとしてもそのトータルの金額がそのぐらいということです。

現在は旦那さんに申込んでもらうしかないので、旦那さんの収入にもよりますが、その場合は年収の1/3以下と考えておいた方がいいでしょう。

専業主婦のストレスはキャッシングして発散

専業主婦イコール共働きしなくてもいい環境のお金持ちというイメージがありますが、そうでない場合もあります。

 

子供がいて働きたいけれど保育園に入れないし仕事もみつからない


し、しょうがなく専業主婦をしているという場合もあり、そんな時は専業主婦のカードローンでお金を借りてストレスを発散している方も多いのです。専業主婦は外で仕事をしていないので昼間に時間があり、専業主婦同士で集まってランチ会などが開催されることがあります。子供がいる人同士だと、子供も一緒に遊べるのでいいのですが、

 

毎回ランチのたびにお金がかかってしまいます。


専業主婦の集まりにはキャッシングが必要になることも・・・

お金持ちならいいけれど、ギリギリの生活で専業主婦をしている身には、交際費がとても痛手になります。かといって、集りに参加しないで欠席するのに理由がないので困ります。近所を歩いていたら会ってしまうし、専業主婦なので予定がない事も知られているし、

 

正直にお金がないと言うのも恥ずかしいなぁ・・・


そして粗相のないようにしないと、これから幼稚園でも一緒になるであろうママさん達とはトラブルを起こしたくありません。子供のためにも、ママ同士の付き合いを頑張らなくてはいけないのです。

 

キャッシングして参加したほうがいいかも・・・


忙しく仕事をしていたら、こんな面倒なママ会に毎回参加しなくても済んだのにとたまに思ってしまうほど。時間に融通が利くために自分の予定も入れやすいけれど、ママ友との付き合いが頻繁になってしまうというデメリットがあります。

グループラインに登録された専業主婦の悩み

グループラインに登録されたらもう、終わりがみえません。家事と育児とラインとママ会の日々。自分の洋服代を抑えてお金がランチ代に飛んで行ってしまいます。金銭感覚が違うママさんグループに入ってしまったことが間違いだったのだけれど、

 

キャッシングは自分のストレス発散の為に使うお金だったのになぁ・・・


今更抜けることもできないし、お小遣いを稼ぐといっても子供を預けることもできないので、オークションで着なくなった子供服を売ったりしてお小遣い稼ぎをしています。ママ会に入っていなければ、

 

ランチ会の集まりが多過ぎるのよねぇ・・・


お金がなくてものんびり地味に専業主婦生活を送ることができたかもしれないのに大後悔ですが、子供のお友達作りのためと割り切って過ごしていくしかありません。お金持ち専業主婦風で悩んでいるママさんは意外と多いかもしれません。

金融庁おすすめの大手カードローン

専業主婦でもキャッシングできた体験談

 

私の友達は、音楽が大好きで、将来は音楽で仕事をしていきたいと考えているようです。でも、楽器などを購入をするのも値段が高いようです。

友達はピアノなのですが、今本当に家にピアノを購入しようかを考えているようですが、専業主婦なので旦那さんに内緒で申込めるカードローンを探したりして、これから利用の方法を考えていきたいと感じているようです。

ピアノとなると、高価なものになってしまいますから、考えなくてはいけないと思っているみたいです。でも、貯金をして購入をするのもなかなかなものみたいです。だから、これからの自分の夢のためにも頑張ってもらえたらいいのかなと感じています。

でも、ピアノを購入するなんてすごい事だなと思いました。ピアノで、またローンが利用ができるものなのか、今度ローン会社などにも聞いてみたいと話をしていました。

やはり、利用方法などもローン審査には大事な事になってきますから、これはしっかりと聞いてみなくてはいけません。そして、ローンでも無事にピアノ購入ができたらいいのかなと感じました。


 

私は、若い頃は絶対にローンは作りたくないと考えていました。しかし、実際に家庭を持ち、生活をするようになると、ローンもしなくてはいけない事もあったりします。

今は、すごくローンを必要としている状況になってしまっているのです。ローンをしたくないのですが、生活をしていくためには、必要になってしまうのです。

これから、申し込みをしようと思うのですが、見ていると専業主婦では利用ができなさそうです。ネットで見ていると、専業主婦でも、利用ができるものというのもありました。旦那さんの名義を使っていけば、ローンはできます。

ちゃんとした収入があれば、ほとんどのローンは利用できるのではないでしょうか。しかし、本人確認となったりしたら、やはり旦那さんにはバレてしまいます。そうなってしまうと、きっと旦那さんには怒られると思うのです。

できるだけ分からずにローンが利用できればと、今すごく考えています。専業主婦がお金を借りる場合は、大変だと思いました。


 

以前は兼業主婦で、朝目が覚めると頭の中で一日のスケジュールをざっと組み立てて、それから布団を抜け出していました。音楽教室の講師をしていましたが、はじめのうちは生徒の人数が少なかったのですが、段々人数が増えてくると、午前中から仕事が入ってきました。

仕事を始めるきっかけとなったのは家を建てたのはいいけれど、中々暮らしに経済的に余裕がなくなってきたのです。そこで昔資格を取得しておいた、電子オルガンと、ピアノ講師の仕事を見つけたのです。専業主婦は家にいて自分自身のスケジュールで家事をこなすことが出来ます。

ところが兼業主婦になると、自分の都合+仕事の都合をいうことになります。それに音楽教室の場合には、加えて生徒の都合も加わりますから、予定が未定という事になるのです。

教室に言ってみて初めて生徒が今日は熱が出たからお休みしますということになるのです。レッスンの一番目の子が休みだったりすると、本当にがっくりします。家事を途中にして仕事に来たのに、、と愚痴の一つの言いたくなります。

選択や掃除などは毎日していたのに、兼業になってからはまずは食事が優先になりますから、朝食の片付けと同時進行で、夕食の支度をしていきますから、頭の中から次次とやることの指示が飛んで来るような始末です。

専業主婦なら、ちょっと朝食の後にお茶の一杯も飲んで、とかコーヒーもう一杯お代わりしちゃおうとか、気持ちの余裕が違います。現在は専業主婦に戻っています。10年間兼業主婦をしていた時代があったからこそ、今の専業主婦の天国のような時間のユトリを感じられ、時間を大事にして、教える暮らしのときとは別の意味で、音楽を趣味にして友人とアンサンブルのサークルを立ち上げて、楽しんでいます。

この際少し軍資金が必要になったのでみずほ銀行カードローンで借りて1年で完済しました。